特別講座 横山方子と行く「野田山に眠る前田家歴代の面影をしのぶ」NEW おすすめ

  • 教室:北國新聞文化センター 金沢本部教室
  • 石川県金沢市南町2番1号 北國新聞会館9F

野田山は加賀百万石の前田家墓所があることで知られているが、利家の兄利久を葬ったのを初めとする。その後12年後、利家は大阪で死去し、遺言で野田山に埋葬した。以後、歴代藩主は、たとえ参勤で江戸滞在中に亡くなっても金沢に移され、基本的に野田山が墓所となる。しかし、2代利長が高岡、4代光高と9代重靖(しげのぶ)が天徳院という例外もあった。正室や側室、子供たちについては、亡くなったのが金沢か江戸かによって埋葬場所は異なる。
 時代が変わり、明治維新を迎え、世の中が落ち着き、大正時代になると前田家は、東京に埋葬されていた一族の方々の墓を金沢に移す計画を立てた。中でも幸運だったのは広徳寺の分で改葬されたのは関東大震災の前年だったため、倒壊を免れた。金沢天徳院にあった二人の藩主と二人の正室の分は昭和27年に野田山に移され、現在はほとんどの方々が、野田山で眠りを結んでいる。ひとりひとりのエピソードを交えながら、解説します。
集合場所:野田山墓地 前田家前駐車場


開講日・体験日

11月6日(火)

曜日・時間

火 10:00〜12:00

期間・受講料

2,160円(1回)

初めての方は、入会金3,000円、1年以上受講のない方は、再入会金1,000円が必要です。ただし1DAY、体験講座、70歳以上の方は入会金が不要です。
コープ石川の組合員の方は、体験料・入会金が無料に、大和友の会カーネーションサークルの会員の方は入会金が無料になります。(一部講座を除く)
体験や受講希望の方は事前にお申し込みください。

講師

横山方子(石川郷土史学会幹事)

持ち物

帽子、水分など

備考

★お申込みの際は、必ず事前にご予約をお願いいたします。
★受講料の払込用紙をお送りしますので、事務局またはコンビニでのお手続きをお願いいたします。

受講の申し込み