井沢元彦氏オンライン講演会

和同開珎から新1万円札の顔に決まった実業家渋沢栄一まで、作家の井沢元彦さんがお金の変遷に絡む日本史を分かりやすく解説します。

https://hokkoku.bunkacenter.or.jp/online/
詳しくはトップページバナーより、オンライン講座をクリック!


■日 時 8月21日(土)午後1時〜2時半 90分

■受講料 文化センター会員2,300円、一般2,500円 ※いずれも税込み

■形 式 ビデオ会議ツールZoomによるオンライン講座 

■プロフィール
1954年2月1日、名古屋市生まれ。早稲田大学法学部卒。TBS入社後、報道局記者時代に『猿丸幻視行』にて第26回江戸川乱歩賞を受賞。31歳で退社し、以後作家活動に専念。歴史推理・ノンフィクションに独自の世界を開拓し、週刊ポスト連載の「逆説の日本史」は千三百回を超え近現代史に入っている。近年は「逆説の世界史」の執筆にも取り組んでいる。主な著書としては、『言霊』『穢れと茶碗』『隠された帝』『逆説の日本史』(古代編黎明から既刊26巻、コミック版も3巻まで刊行中)『世界の「宗教と戦争」講座』『恨の法廷』『信濃戦雲録』などがある。